馬鹿の長竿、、、、、何かで見た記憶が

あって、ずうっと引っ掛かっていた。

詳しく覚えていないが、長ければ良いとは

限らないという事か。振り返っても今まで

その様な必要がなかった。中通しの竹竿で

石鯛を釣ろうと試作をしている内にっと

思い立ち、実釣していないうちに、考えが

さらに先走り。そもそも、魚を釣るときに

リールが絶対に必要なのか?と。もっとも

簡素にするなら、必要なものは、釣り針

竿。竿とは、枝を切り落とした竹の事

いわゆる延べ竿。60年も前の少年期には

当たり前の事だったので、疑問も何も全く

無かった。釣り場と釣り方に少しだけ制限

があるものの、ほとんどの釣り場で可能な

事。少し長い竿が必要かと考え、680㎝

の印籠4本継で中通し仕様の布袋竹に決定

穂先の先端部に糸を縛るのみの予定だった

が、変更して節を全部抜いて、180㎝

仕舞いの総印籠4本継竿に。完成し、糸を

通して待機中。天候待ちが続いている、、

暇なので手元にハゼ竿の様に竹の枝でツノ

を取り付けた。ここに5ヒロ程の余裕分

の糸をグルグルと巻いた。ナイロン20号

にしたのは穂先の内部で糸通りがスムーズ

になる様にと。25号を通してみたら少し

滑りが悪く、穂先を太くするのも気が進ま

ず、内部を拡げるのも又、危ないかと。